タトゥー 切開
タトゥー切開 > タトゥーを消したい理由 > 一年間は献血が出来ない

一年間は献血が出来ない


タトゥーを入れてから一年間は献血不可
献血には受けられない条件が幾つかあり、その中の一つに「一年以内に刺青・タトゥーを入れた方」という項目があります。
これはピアスやアートメイクも同様です。
何故これらの人たちは献血を行う事が出来ないのでしょうか。

針の安全性に疑問
タトゥーを入れた人が献血出来ない理由は、実は刺青やタトゥーを行う際の安全性に原因があったのです。
ひと昔前までは、刺青やタトゥーを入れる時に使用していた針は使い回しをしていたところも多く、不衛生であると言われていました。
現在は衛生面の意識向上から針の使い回しはかなり少なくなってはきているものの、完全にないとは言い切れないという状態です。

ウイルス性疾患の危険性も
針の消毒に絡んでくる話ですが、タトゥーを入れた人の中にはB型或いはC型肝炎にかかっている人が割合として多めです。
これらの肝炎はいずれも血液により感染する為、消毒が不十分な針の使い回しを行った結果伝染してしまう危険が高まるのです。
AIDSもこれらの肝炎と同様に血液感染の危険があります。
仮に針の使い回しがないとしても、体に大きく針を入れる以上は針から細菌が体内に侵入する可能性は0とは言い切れないので、安全性確保の為にタトゥーを入れた方は一年間は献血が出来ないと定められています。

施術者の信頼性も不明
タトゥーを入れている方が献血の出来ない理由は、針以外にもあります。
それは、タトゥーを入れる際の施術者に対する信頼性です。
タトゥーを彫る際には本来医師免許が必要ですが、医師免許を持たずに施術を行う彫り師も少なくありません。
その為、血液の安全面に不安も大きく、輸血用の血液として使用する事は難しくなります。

タトゥーを入れて一年たてば献血可能
このようにタトゥーを入れてから一年は献血をする事が出来ませんが、一年たってから血液検査を受けて問題がない事がはっきりすれば献血を受ける事が出来るようになります。

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ガーデンクリニック
(全国で6医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

ガーデンクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • タトゥーの色や大きさを診察し、一番合う方法を提案
  • 手術後のアフターケアまで、プロフェッショナルスタッフが完全サポート
  • 不安を取り除き、より痛みに対する恐怖心を抑える「無痛麻酔」
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

川崎クリニック

クリニックについて

川崎クリニックには手術の経験があるスタッフが多数居るので、手術に対する心配や不安を軽減することができます。
コンプレックスや、術後のアフターケアー等、自由に相談することが可能なので安心して利用出来るのも特徴の一つ。
また、お得に治療を受ける事が出来る、学割、シニア割り、お得なポイント制があっておすすめです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

タトゥー 切開する方へ

その他の方法

タトゥーを消したい理由

タトゥー 切開が可能なクリニック

ページトップへ戻る
サイトマップ